Web集客の方法と種類18選!成功事例と戦略のコツをわかりやすく解説

Web集客の方法と種類18選!成功事例と戦略のコツをわかりやすく解説

Web集客(ネット集客)とは、自社のWebサイトや店舗にユーザーを流入させるために行う、インターネットを活用した施策のことです。

Web集客は、サイトからのお問い合わせ数や購入数を増加させるためだけではなく、実店舗の集客にも役立てられます。

この記事では、Web集客戦略の手法やコツ、事例まで徹底解説します。初心者の方は、これだけ押さえておけばOKです。

シニヤン

ビギニャー君、LIFTのWeb集客に力を入れたいんだけど、一緒に施策を考えてくれないかな?

ビギニャー

はい!もちろんです!うちの会社、最近Webに力を入れていますよね……。どうして、こんなにWebで集客する必要があるんですか?

シニヤン

Web集客は僕たちみたいな業種には欠かせない施策だからね。まずは、Web集客について復習してみよっか!

Web集客とは?

Web集客とは、Webサービスを活用してさまざまな施策を実行し、自社のWebサイトや店舗へより多くの人を集客する手法です。まずは、Web集客の概要を学んでおきましょう。

Web集客の目的

Web集客の目的は、お問い合わせ数や購入数の増加はもちろん、認知度の向上やブランディング、ファンの獲得などさまざまです。集客をメインの目的としていますが、必ずしも「商品を買ってもらうこと」だけが目的ではない点が特徴的です。

スマートフォンやECサイトの利用が当たり前になった現代、以前のように紙のチラシを配ったり電話で営業したりするだけでは、十分な営業効果は得られません。そのため、インターネットを使った手法でユーザーを集めて、より多くの見込み顧客に自社のお客さまになってもらうことがとても重要なのです。

Web集客とWebマーケティングの違い

Webマーケティングとは、Web上の施策を通じて事業戦略を実施したり、商材が売れる仕組みを作ったり、戦略を改善したりする活動全般を指します。

対して、Web集客はWeb上の活動を通してお客さまを獲得するための施策です。Web広告をはじめ、SEOやSNSなどを活用する点においては、WebマーケティングとWeb集客は非常に似ています。

しかし、Webマーケティングは集客に限らずさまざまな目的でWebを活用し、Web集客はお客さま集めを目的にWebを活用している点が大きく異なります。

シニヤン

うちの場合は、お問い合わせ数を増やしたいっていう目的もあるんだけど、初心者向けのわかりやすいマーケティング情報サイトっていうブランディングを確立したい、っていう目的もあるんだ。

ビギニャー

なるほど〜!目の前の売上向上だけが目的ではないんですね!ちなみに、Web集客の方法にはどんなのがあるんですか?

シニヤン

それじゃあ、ここからはWeb集客の代表的な方法を一気にみていこうか!

Web集客方法の種類

Web集客と聞くと、多くの方が真っ先にWeb広告での流入を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、Web集客には広告以外の手法も多く存在しています。ここでは、Web集客方法の種類を解説します。

  • 検索エンジン
  • 自社コンテンツ
  • Web広告
  • 外部メディア
  • イベント

各種類の代表的な手法をみてみましょう。

検索エンジン

Web集客の種類としてオーソドックスなのが、検索エンジンを経由した集客です。代表的な手法は、以下の3つです。

SEO

SEOとは、検索上位表示を目指す施策全般を指します。具体的には、以下のようなものが含まれます。

  • 内部施策:サイトの中身を調整し、検索エンジンに情報を伝えやすくする
  • 外部施策:外部リンクなどを獲得し、サイトが高評価を得ているとアピールする
  • コンテンツSEO:高品質なコンテンツを作る

上記の3つの施策を行って上位表示させられると、コストをかけずとも多くのユーザーの流入が狙えます。

Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールとは、登録した店舗や企業の情報をGoogle検索やGoogleマップ上に表示させられる無料サービスです。登録しておくと、ユーザーが会社名や「地域名+居酒屋」などと検索した際、会社や店舗の概要と写真、地図などが表示されるようになります。

無料で利用できて検索1位のサイトよりも上位表示されるため、集客効果は抜群です。ビジネスオーナーが自分で登録することもできるので、利用しない手はないでしょう。

MEO

MEOとは、Google Mapsの検索結果で上位表示を目指すことです。「ローカルSEO」や「ローカル検索」と呼ばれることもあり、実店舗や地域密着型の企業にとっては非常に重要な施策だとされています。

MEOでは、有益で関連性の高い情報を掲載することが大切です。SEOと似ていますが、MEOは地図検索に特化した施策である点に注意しましょう。

自社コンテンツ

自社コンテンツの活用も、Web集客には欠かせません。魅力的なコンテンツを発信し続ければファンが増え、安定したユーザーの流入が期待できるようになります。自社コンテンツの代表的な種類についてみてみましょう。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で保有するWebサイトです。簡単にいうと自社ブログを指し、今読んでいただいているLIFTも、株式会社ゴンドラが運営するオウンドメディアに含まれます。

オウンドメディアで魅力的な記事を更新してうまく訴求できれば、SEOで大きな成果が出ていなくても、定期的にサイトを訪問してくれるファンを獲得できます。

SNS

最近のWeb集客では、SNSが重要視されています。オウンドメディアの更新情報を投稿するだけではなく、商品紹介やユーザーの心をつかむ発信を続けると、公式アカウントだけではなくWebサイトへの流入増加も狙えます。

気軽に多くのユーザーに見てもらえるSNSをうまく活用できれば、バズって爆発的に閲覧数が伸びるかも……?X(旧:Twitter)やInstagram、Facebookなどに公式アカウントを作成し、ユーザーにとって有益な情報を発信しましょう。

動画コンテンツ

YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツも、Web集客の手段としては有効です。SNSに分類されることも多いですが、近年とくに影響力が伸びているため、SNSとは別に運用するのをおすすめします。

自社商品の紹介をするのはもちろん、ユニークな企画で話題性を高めることを狙う企業も多数存在しています。「企業公式アカウントなのに面白い」と思ってもらえば、Webサイトや商品にも興味を持ってもらえるでしょう。

メルマガ

メールで定期的に情報を届けるメルマガも、Webサイトへの流入数増加に効果的です。ツールを使えば、メールの配信を自動化できます。コストや手間を抑えて自社コンテンツを配信したい企業におすすめです。

Web広告

Web集客に予算を割ける場合は、Web広告の活用がおすすめです。Web広告にはたくさんの種類があるので、ここでは代表的なものを抜粋してご紹介します。

LP広告

LP広告とは、購入申込みや資料請求などのCTA(Call To Action)が設置された、コンバージョンの獲得を目的とした広告です。

化粧品や特定のサービスについて検索したとき、商品やサービスについて画像や動画、テキストなどで説明した縦長のサイトに飛ばされた経験は誰にでもあるでしょう。この縦長で最後に申し込みの動線が用意されている「CV獲得に特化したページ」が、LP広告です。

ディスプレイ広告(バナー広告)

ディスプレイ広告とは、広告枠を設けているWebサイトやアプリに表示される広告全般です。ディスプレイ広告の種類は主に2つで、Googleの「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」、Yahoo!の「YDA(Yahoo!ディスプレイ広告)」が存在しています。

ユーザーの属性や行動履歴によって表示される内容が変わるため、自社と相性がいいユーザーを呼び込む効果があります。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンを使ったとき、検索されたキーワードに連動して掲載される広告です。キーワードを検索したときに一番上もしくは一番下の部分に表示されるため、とにかく目につきやすい点が特徴的です。

クリックされると料金が発生する「クリック課金制」が採用されており、集客できたぶんだけ費用を支払う仕組みとなっています。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、成果報酬型の広告です。サイト管理者(アフィリエイター)が自分のメディアでサービスを紹介し、訪問ユーザーがサービスを購入することで報酬が発生します。第三者のブログやSNSなどで商品やサービスを宣伝してもらえるのが、アフィリエイト広告の特徴です。

近年は、SNS上で影響力を持つインフルエンサーに商品を紹介してもらう「インフルエンサーマーケティング」がよく活用されています。

SNS広告

SNS広告とは、X(旧:Twitter)やInstagram、FacebookなどのSNS上に表示される広告です。投稿の中に広告を同化させて表示するため、自然な印象でアプローチできるというメリットがあります。SNSの種類によってメインのユーザー層が変わるので、ターゲットの属性に合ったSNSを活用することが大切です。

マーケティング広告(リターゲティング広告)

リマーケティング広告とは、一度自社のサイトに訪問したユーザーに対して、再度アプローチする広告です。「Cookie」と呼ばれる、サイトを訪問したユーザーのデータを一時的に保管しておく仕組みを活用しています。

一度自社サイトに来てくれたユーザーに広告が表示されるので、関心度が高い見込み顧客の集客に役立ちます。

外部メディア

外部メディアから流入させる仕組みを構築できると、より多くのユーザーに自社サイトを見てもらえます。外部から自社サイトに誘導できるメディアには, さまざまなものがあります。ここでは、代表的なものを2つみてみましょう。

キュレーションサイトや口コミサイト

キュレーションサイトとは、特定のテーマについての情報を集め、まとめているサイトです。代表的な例としては、「All About」や「はてなブックマーク」などが挙げられます。

このようなサイトに商品やサービスを紹介してもらえれば、自社サイトへの流入が狙えます。「食べログ」や「@cosme」などの口コミサイトも、集客には効果的です。

プレスリリース

プレスリリースとは、企業の新しい取り組みやサービスなどを出す際、企業から発表される文書を指します。プレスリリースは自社のWebサイトに掲載することもありますが、プレスリリース専用のプラットフォームや紙媒体のメディアに掲載する場合もあります。

多くの人の目に触れるプレスリリースは、集客にはもってこいの手法です。また、プレスリリース専用のプラットフォームに情報を掲載してもらえれば、外部リンクを獲得できてSEO効果が期待できるというメリットもあります。

イベント

オフライン・オンラインを問わず、イベントは自社サイトの集客に役立ちます。たとえば、セミナーやウェビナー、業界の合同イベントなどで見込み顧客にアプローチできれば、自社のサイトに訪問してもらえるでしょう。

オフラインのイベントで集客したい場合は、ユーザーがアクセスしやすいよう、名刺やパンフレットなどにQRコードを印刷しておくことがおすすめです。

Web集客のメリット

Web集客を行うメリットは、以下のとおりです。

  • コストを抑えられる
  • 施策の成果を測定しやすい
  • 集客を自動化できる

各メリットを詳しくみてみましょう。

コストを抑えられる

Web集客は、マス広告や営業を活用した集客よりも費用対効果を高められます。ブログやSNSは無料ではじめられますし、Web広告のなかには成果に応じて費用が発生するものもあるため、予算を抑えながら多くの人にリーチできます。

ユーザーの属性や興味に合わせてターゲティングしやすい点も、コストを抑えて高いコンバージョンを出せるWeb集客のメリットです。

施策の成果を測定しやすい

Web集客は、成果を測定しやすいという特徴があります。SEO順位やアクセス数、ユーザーの行動などはツールを使えば簡単に解析できますし、どこからどのように流入してきたのかなどについても分析可能です。

どの施策が効果的でどのような成果に至ったのか、把握しやすい点がメリットなのです。施策の成果を測定できれば、より効果的な施策の立案に役立ってくれます。

集客を自動化できる

Web集客のために制作した広告やコンテンツなどの価値は、決して消えることはありません。一度YouTubeに動画をアップロードしたら自動的に再生数を稼ぎ続けてくれるのと同じように、ブログ記事やSNS投稿、広告などは自動的に集客をし続けてくれます。

また、マーケティングツールを活用すれば、広告の最適化やお客さまへのアプローチを自動化することも可能です。手間を抑えて集客できる点が、Web集客最大のメリットです。

シニヤン

もちろん、Web集客以外の方法がダメってわけではないよ。ターゲットや自社の商材に合わせて、いろんな方法を組み合わせて集客できるといいよね。

ビギニャー

なるほど~!さっそく僕も、先輩と一緒にLIFTのWeb集客方法について考えてみたいです!

シニヤン

ちょっと待って。Web集客にはデメリットもあることを忘れてはいけないよ

Web集客のデメリット

Web集客のデメリットは、以下の2点です。

  • ツールやシステムの導入が必要
  • 成果が出るまでに時間がかかる

Web上の施策を実施するときは、当然そのために必要なツールやシステムを利用しなければいけません。導入時や運用には一定のコストがかかりますし、学習のために時間や人員を割く必要もあります。

また、Web集客戦略を実施しても、結果がすぐに出るとは限りません。たとえば、SEO施策の結果が出るまでには数か月の時間を要しますし、SNSは地道に運用しなければファンを増やせないでしょう。Web集客で成果を出すためには、ある程度の労力やコスト、時間がかかることは押さえておきましょう。

ビギニャー

よしっ!注意点もしっかりと理解できたことですし、さっそく僕もLIFTのWeb集客をお手伝いするぞ!

シニヤン

ありがとう~!Web集客をするときは、ツールの活用が欠かせないんだ。ツールの種類をみながら、どんな戦略にするか考えてみようか。

ビギニャー

は~い、先輩っ!

Web集客に活用できるツール

Web集客の際に活用できるツールには、さまざまなものがあります。ここでは、代表的なツールをご紹介します。

  • 戦略実施ツール
  • 分析ツール

各ツールを詳しくみてみましょう。

戦略実施ツール

Web集客戦略を実施するときに活用できるツールとして、以下の5つが例に挙げられます。

CMS

CMS(Content Management System:コンテンツ管理システム)とは、誰でも簡単にWebサイトを作成・コンテンツ配信を行えるシステムです。代表的なCMSとして、WordPressが挙げられます。

画像データやテキスト、テンプレートなどのデータをCMSに保存しておけば、必要に応じてデータを組み合わせて、自動的にWebページを作成してくれます。

CMSがあれば従来のサイト制作に必要だったプログラミングが不要となり、簡単にWebサイトを制作できます。オウンドメディアやホームページを制作したい場合は、CMSを活用すると便利です。

MA

MAツール(マーケティングオートメーションツール)とは、新規顧客の獲得や見込み顧客の育成を自動化するツールです。MAツールを導入すれば、以下のような業務を自動化できます。

  • 見込み客のリスト化
  • メルマガの配信
  • スコアリングによる顧客の分類
  • セミナーの管理

MAには、見込み客の獲得や育成を支援する効果があります。また、その先の営業活動を支援する「SFA」や、受注顧客の育成を行う「CRM」と連携すれば、より効果的にWeb集客ができるようになります。

メールマーケティングツール

メールマーケティングツールとは、メールの作成から配信、分析までのプロセスを効率化・自動化してくれるツールです。

MAがマーケティング業務全般に対応したツールであるのに対し、こちらはメール業務にのみ特化している点が特徴的です。費用を抑えたい場合は、MAではなくメールマーケティングツールから試してみてもよいでしょう。

SNS

SNS(Social Networking Service)とは、スマートフォンとパソコンを使ったコミュニケーションを促進し、社会的なネットワーク構築を支援するサービスです。

有名なSNSとしてFacebookやX(旧:Twitter)、LINE、Instagramなどが挙げられますが、ほかにも国内外にいろいろなSNSが存在しています。公式アカウントを運用したりSNSで商品を紹介してもらったりすれば、高い集客効果が得られます。

PRTIMES

PRTIMESは、プレスリリースを配信できるメディアです。ほかにもプレスリリースの配信メディアは多く存在していますが、PRTIMESは圧倒的に知名度が高いため、必ず押さえておきましょう。

分析ツール

Web集客を実施する際は、施策の成果を分析して改善を繰り返すことが大切です。分析に活用できるツールは非常に多く存在しています。ここでは、代表的なツールをみておきましょう。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供する無料のWeb解析ツールです。サイトへのアクセス数やCV数、ユーザーの行動・属性などを細かく解析してくれます。ホームページやオウンドメディアを運用している企業にとっては、欠かせない必須のツールであるといえます。

Google Search Console

Google Search Consoleは、Googleが提供する無料の検索分析ツールです。どのようなキーワードで流入があるのか、キーワードごとの順位はどうなっているのかなどを分析できます。

また、公開したWebページのインデックス登録を依頼する機能も利用できます。こちらも必須ツールなので、Googleアナリティクスと併せて活用しましょう。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、グーグル広告を出稿する広告主向けに提供されているツールです。キーワードごとの月間検索数を調べられるので、コンテンツ制作時のキーワード探しに役立ちます。

SNSの分析機能

SNSを活用して集客するときは、SNSに搭載されている分析機能も活用しましょう。自社が運用しているアカウントにおける、インプレッション数やフォロワーの属性などを分析できます。

無料で利用できますが、最低限必要な情報はしっかりと取得できます。ただし、分析機能の有無や分析内容はSNSによって異なる点に注意しましょう。

LPOツール

LPO(Landing Page Optimization)とは、LP(ランディングページ)をユーザーのニーズに合わせて改善して、成約率(CVR)を向上させる施策です。

日本語に直すと、「ランディングページ最適化」という意味になります。ツールを活用しながら繰り返しLPOを実施することで、より効果の高いLP広告に磨き上げられます。

ビギニャー

へぇ~、Web集客をするときは、こんなにたくさんのツールが使えるんですね!僕が毎日使うツールも含まれています!

シニヤン

そうだね。この中からいくつかピックアップして、うちのWeb集客に活用してみようね。そうだ、Web集客を成功させるコツも一緒に教えておこうかな。

ビギニャー

わぁい!ありがとうございます。

Web集客施策を成功させるコツ

Web集客をするときは、単にコンテンツを更新したり、いろいろな手法に手を出したりするだけでは不十分です。ここでは、押さえておきたいWeb集客成功のコツをステップ別にご紹介します。

  • 流入数を増やす目的(KGI)を洗い出す
  • ターゲットのニーズを把握する
  • 自社のリソースを整理する
  • ターゲットに合わせて集客する
  • 流入先のコンテンツを見直す
  • 代行企業やコンサルを利用する
  • 情報発信や改善を継続する

各項目を詳しくみてみましょう。

流入数を増やす目的(KGI)を洗い出す

新規顧客を獲得したい、リピート客を増やしたい、とにかく認知度を高めたいなど、企業がWeb集客をする目的はさまざま。目的をはっきりとさせないままWeb集客施策を実施すると、予算やリソースを上手に使えず、成果も出にくくなってしまいます。

まずは、Web集客を行って流入数を増やす目的をできるだけ具体的に洗い出してみましょう。

ターゲットのニーズを把握する

次に、自社が集客したいと考えているターゲット(ペルソナ)のニーズを把握しましょう。

  • 顧客は誰なのか
  • どんな課題があるのか
  • どんなシーンで商品を使ってほしいのか
  • どんなプロセスで商品購入に至るのか

上記のようなことを、細かく想定してみます。このとき、顧客の感情や行動を可視化する「カスタマージャーニーマップ」を作ると、情報を整理しやすくなります。

自社のリソースを整理する

Web集客を行うときは、SEOの実施やコンテンツの作成など、ある程度のリソース(お金や人など、企業の資産)が必要になります。どれだけのリソースを施策に割けるのか、ここで確認してみましょう。

リソースを確認しないままWeb集客を開始すると、人員や時間を割けずに、結局中途半端な取り組みになるおそれがあります。

ターゲットに合わせて集客する

準備ができたら、ターゲットのニーズに沿った施策を行って集客を目指しましょう。想定するターゲットによって、最適な集客方法は異なります。たとえば、20代女性がターゲットなら「拡散されやすいSNSでお役立ち情報を発信する」戦略が良いでしょう。

パソコンの購入を検討しているビジネスパーソンがターゲットなら、「リスティング広告や比較サイトからの流入を狙う」など、相手によって手法を変えます。それに伴い、広告や自社コンテンツの制作なども進めましょう。

流入先のコンテンツを見直す

いくらWeb集客がうまくいっても、流入先である自社サイトが魅力的でなければ、目的を達成することはできません。そのため、流入先のコンテンツを見直すことも非常に重要です。

アクセス解析ツールはもちろん、ユーザーの行動を可視化するヒートマップなども活用しつつ、魅力的なコンテンツになるよう常にブラッシュアップしていきましょう。

代行企業やコンサルを利用する

Web集客にはさまざまな手法があり、各種法によって必要になる業務は多岐にわたります。自社ですべて行うのもいいのですが、時間や人手が足りない企業やノウハウを持っていない企業の場合、うまくWeb集客の効果が得られない可能性もあるでしょう。専門知識を持った企業に外注するのもひとつの手です。

情報発信や改善を継続する

Web集客はすぐに成果が出る施策ではないため、継続的に情報発信や改善を継続することが大切です。たとえば、「毎週更新されているサイト」と「1年前に更新がストップしているサイト」であれば、前者のほうが信頼感を抱きやすいですよね。

たとえサイトの質が良くてページ数が多くても、更新が止まっていると「情報が古いのではないか」「もう営業していないのではないか」と思われてしまいます。情報発信を継続しつつ、今までの施策の結果を分析して次に反映することで、より効果的なWeb集客の戦略につなげられるのです。

ビギニャー

Web集客って、すっごく奥が深いですね…!僕、もっと学んでみたくなってきました!

シニヤン

それなら、本で勉強してみてはどうかな?

ビギニャー

本で勉強するの、いいですね!何かおすすめの書籍はありますか?

Web集客戦略に役立つ本

Web集客について学びたいなら、実践だけではなく本を読んで知識を身につけるのもおすすめです。Web集客を学べるおすすめの書籍をご紹介します。

すぐに使えてガンガン集客!WEBマーケティング123の技/山田竜也 著

コンテンツマーケティングやWeb広告、SNS、活用したいツールなど、Web集客で重要とされている要素をしっかりと網羅。1冊でWebマーケティングからWeb集客の基礎と最新事情がわかるので、初心者でも知識を深められます。

ネット集客のやさしい教科書。小さな会社がゼロから最短で成果をあげる実践的Webマーケティング/高田晃 著

Webサイトの制作からYouTube戦略、SNSマーケティング、ネット広告まで広い知識を丁寧に解説してくれている書籍です。とにかくやさしく丁寧に教えてほしい方におすすめです。

オンラインショップの運営を検討している方は、こちらのサイトもご参考ください。

参考:海外配送自動化プラットフォームサービス「AnyLogi」

あわせて読みたい
カスタマージャーニーマップとは?作り方と目的を事例と解説【テンプレート付き】

カスタマージャーニーマップとは?作り方と目的を事例と解説【テンプレート付き】

カスタマージャーニーマップは、お客さまが商品を購入するまでにたどる体験の旅を図にまとめたものです。 企業にとっては、まさに施策を決定するため...

CONTACT お問い合わせ

あらゆる分野のスペシャリストが、お客様と同じゴールを目指して
Web広告からCRM支援まで一気通貫で伴走します。

お問い合わせする

WRITING 執筆

LIFT編集部

LIFT編集部

LIFT編集部は、お客様との深いつながりを築くための実践的なカスタマーエンゲージメントのヒントをお届けしています。

RELATED 関連記事

トレンドの採用マーケティングで人材不足解消!新しい手法とファネル戦略の事例
#中級
マーケティング全般
ダイレクトマーケティングとは?成果につながる手法をわかりやすく解説、成功事例を紹介
#中級
マーケティング全般
猪俣部長が語るゴンドラの統合型支援とクリエイティブ制作の強み
#中級
マーケティング全般
クリエイティブ制作の流儀|ゴンドラに依頼するメリットは統合型支援
#中級
マーケティング全般
地方企業のマーケティング必勝法!地域密着型戦略の立て方と成功事例
#中級
マーケティング全般

FIND ARTICLE 記事を探す