Googleビジネスプロフィールの使い方とは?実店舗集客に活用するメリットや活用事例

Googleビジネスプロフィールの使い方とは?実店舗集客に活用するメリットや活用事例

Googleビジネスプロフィールとは、Googleの検索結果やGoogleマップに表示される会社・店舗の施設情報を管理するサービスです。

この記事では、実店舗集客に欠かせない「Googleビジネスプロフィール」の使い方を始め、機能や効果について紹介します。

無料で利用できるこのサービスでは、企業や店舗の情報・写真を公開したり、お客さまとコミュニケーションを取ったりすることが可能です。

ぜひ、この機会に集客方法として取り入れてみてくださいね。

シニヤン

ビギニャー君。うちの会社のGoogleビジネスプロフィールに掲載されている情報が間違っているみたいだから、修正しておいてもらってもいいかな?


ビギニャー

あ、本当だ!営業時間のところが間違っていますね。直しておきます~!って言いたいんですけど、僕Googleビジネスプロフィールの使い方を知らなくて……。


シニヤン

あら、まだ使ったことがなかったのか。それじゃあ、登録方法や編集方法を一緒に学んでおこう!

Googleビジネスプロフィールの使い方

Googleビジネスプロフィールは、簡単な手順で登録・編集ができます。ここでは、Googleビジネスプロフィールの具体的な使い方を画像とともに解説します。

  • Googleビジネスプロフィールの登録方法
  • オーナー認証の方法
  • 掲載内容の編集方法

上記の3項目を詳しくみていきましょう。

Googleビジネスプロフィールの登録方法

Google検索やGoogleマップに表示されていない店舗や会社の情報を登録したいときは、新しくビジネス登録する必要があります。 まずは、Googleビジネスプロフィールのページを開き、「今すぐ管理」をクリックします。

ビジネス名の欄に、会社名や店舗名を入力しましょう。この際、Webサイトや看板などに掲載されている正式名称を入力してください。検索対策のために余計なキーワードを入れると、ガイドライン違反とみなされる可能性があるため注意が必要です。

次に、ビジネスの種類を選択します。

ビジネスカテゴリには、「アイスクリーム屋」「クリーニング店」など具体的なカテゴリを入力してください。

お客さまが実際に訪れることが可能な会社や店舗の住所を入力します。

入力した住所のマップが表示されるので、正確な位置にマーカーを設置しましょう。

お客さまがお問い合わせに使える連絡先の情報を入力します。

ビジネスをGoogleマップに掲載する旨の案内が表示されます。問題がなければ、「続行」をクリックしましょう。

オーナー認証が完了したら、「次へ」を押します。

お客さまが来店できる営業時間を追加しましょう。

お客さまとメッセージの送受信ができるようにしたい場合は、「メッセージを有効にする」をオンにして次へ進んでください。

次に、Googleビジネスプロフィールに表示させる説明を入力します。

会社や店舗の写真を追加しましょう。

Google広告でビジネスの宣伝を行いたい場合は、「今すぐ開始」を選択します。広告の出稿をしなくてもよい場合は、「スキップ」しましょう。今回は、スキップをクリックします。

ここまで設定できれば、プロフィールの登録は完了です。「続行」をクリックすれば、登録した内容が検索結果やGoogleマップに表示されるようになります。

なお、Googleビジネスプロフィールに掲載する情報は、「ローカル ビジネス情報のガイドライン」に準拠している必要があります。ガイドラインに違反すると掲載が停止されてしまうので、しっかりと確認したうえで情報を登録してください。

オーナー認証の方法

すでに検索結果やGoogleマップに会社・店舗の情報が掲載されている場合は、オーナー確認を済ませるだけでGoogleビジネスプロフィールの利用を開始できます。

ただし、ここに掲載されている情報は、一般ユーザーからの情報提供やWeb上の情報をもとに自動生成された内容です。そのため、情報が間違っている可能性があります。オーナー認証を行ったあとは、正しい情報が提供できているかどうかを確認しておきましょう。

オーナー認証は、会社・店舗情報の欄に表示されている「このビジネスのオーナーですか?」をクリックすることで行えます。ハガキ郵送を用いた認証を行うことが一般的ですが、店舗の形態によっては電話・テキストメッセージ、メールアドレス、録画による認証も可能です。

すでに他のユーザーがオーナー認証を済ませているときは、「このビジネス プロフィールは(メールアドレス)が申請を済ませています。」と表示されます。この場合は、店舗関係者に認証を済ませた人がいないか確認するか、「アクセス権限をリクエスト」から権限を付与してもらう必要があります。

掲載内容の編集方法

掲載内容を編集したいときは、Googleビジネスプロフィールのトップページから「管理を開始」をクリックしましょう。

すると、Googleに掲載中のビジネスとメニューが表示されます。ここから「プロフィールの編集」や「写真の追加」などの各種設定を行うことが可能です。

シニヤン

表示されるメニューや案内通りに設定を進めていけばいいから、難しいことはないと思うよ。


ビギニャー

あ、ほんとうだ!僕でも設定できました。それにしても、最近Googleビジネスプロフィールを活用する店舗が増えてきた気がします。この機能では、一体どんなことができるんですか?


シニヤン

特に実店舗で活用されることが増えてきたねぇ。Googleビジネスプロフィールにはいろいろな機能があるんだけど、とにかく集客に役立つんだよね。

Googleビジネスプロフィールとは?

Googleビジネスプロフィールは、企業や店舗の情報をGoogle検索やGoogleマップに表示させる機能です。実店舗の集客に不可欠といわれるほど、近年Googleビジネスプロフィールの活用は注目を集めています。

ここでは、Googleビジネスプロフィールについて理解を深めるために知っておきたい、以下の3項目を解説します。

  • Googleビジネスプロフィールって何?
  • Googleビジネスプロフィールが実店舗集客に効果的な理由
  • Googleビジネスプロフィールの機能

各項目を詳しくみていきましょう。

Googleビジネスプロフィールって何?

Googleビジネスプロフィールとは、登録した店舗や企業の情報をGoogle検索やGoogleマップ上に表示させられる無料サービスです。

2021年11月までは「Googleマイビジネス」という名称でしたが、現在はサービス名が変わっています。行きたいお店を調べたときに、Google検索やGoogleマップにお店の地図や電話番号、写真などが表示されているのを目にしたことがある方は多いかもしれません。

Googleビジネスプロフィールに登録することで、このようなGoogleサービスに自社の正しい情報を表示させられるのです。なお、オーナーが登録していなくても、ユーザーによって店舗情報や口コミが投稿される「ローカルガイド」という機能で店舗情報が表示されることもあります。

ただし、これはあくまで一般ユーザーが登録している内容なので、誤った情報が含まれていることが多々あります。正確な情報で集客するためには、オーナーからの情報提供が欠かせません。

Googleビジネスプロフィールが実店舗集客に効果的な理由

近年「近くの」「周辺の」などの、現在地を基準とした検索行動が増えています。Googleビジネスプロフィールに登録しておけば、このような検索が行われたときに自社・自店舗の情報を表示しやすくなり、集客に役立ってくれるのです。

反対に、Google検索やGoogleマップに表示されない店舗は、ユーザーに存在をアピールすることができないため、新規顧客を獲得するハードルが上がってしまいます。

Googleビジネスプロフィールは店舗とユーザーの橋渡しになり、潜在顧客との関係性構築に役立ってくれるサービスです。まだ店舗を知らないユーザーに対して店舗の存在を知らせるだけではなく、口コミや写真を用いた訴求ができる点は大きなメリットでしょう。

多くの消費者に情報を届けられるGoogleビジネスプロフィールは、飲食店や美容室、宿泊施設などの実店舗、企業にとってメリットが多いサービスです。集客はもちろんのこと、自社情報の開示による信頼の獲得効果もあるので、積極的に活用しましょう。

Googleビジネスプロフィールの機能

Googleビジネスプロフィールでは、次の機能が利用できます。

  • 基本情報の掲載
  • 写真や動画掲載
  • 投稿機能
  • 商品やサービスの掲載
  • 口コミ投稿やコミュニケーション
  • アクセス解析
  • Webサイトの作成

各機能について、詳しく説明します。

基本情報の掲載

Googleビジネスプロフィールには、店舗や企業の住所、電話番号や営業時間、サービス内容などを登録できます。Google検索やGoogleマップに概要が表示されるので、所在地や営業状況などをお客さまへ簡単に伝えられます。

写真・動画掲載

Googleビジネスプロフィールには写真や動画が投稿できるので、料理の写真などを掲載すれば、よりサービスや商品の魅力を伝えられます。なお、オーナー側が登録したものだけではなく、ユーザーが投稿した写真や動画も表示されます。誤った情報は申請すれば削除可能なので、定期的に確認して情報を管理することが大切です。

投稿機能

投稿機能では、最新情報やイベント情報、特典に関する情報発信が可能です。また、近年は感染症へ配慮するために営業時間を変更している店舗もあるでしょう。このような情報を掲載することは、お客さまの利便性向上につながります。常に最新の情報を掲載できるよう、こまめに更新しましょう。

商品・サービスの掲載

商品やサービスの詳細を掲載してアピールすることも可能です。商品名だけではなく画像や価格、詳しい説明などを載せられます。具体的な商品を掲載すれば、よりユーザーの来店意欲を刺激できます。また、商品にリンクをつけることもできるので、ECサイトへの誘導にも効果的です。

口コミ投稿・コミュニケーション

検索したときに表示される企業情報には、誰でも口コミを登録できます。店舗を利用したユーザーやお店のファンが感想を書いてもらえるため、多くの口コミを集めれば、集客ツールとして活用できます。

また、口コミに返信したりチャット形式でユーザーとコミュニケーションを取ったりすることも可能です。お客様との交流を積極的に行うことで、イメージアップやロイヤルティ(愛着心や信頼感)の向上なども狙えるでしょう。

アクセス解析

Googleビジネスプロフィールには、アクセス解析機能も搭載されています。検索された方法や検索時のキーワード、ユーザーの反応などを自動で分析してくれるので、気軽に施策の成果を把握できます。

Webサイトの作成

Googleビジネスプロフィールでは、Webサイトの作成も可能です。登録した情報をもとにサイトを作れるので、とにかく簡単にサイト制作できる点が大きなメリットです。

IT系に疎い企業や小規模店舗のオーナーでも、手軽に自社サイトを持てるのはうれしいですよね。独自ドメインを持つことは可能ですが、デザインのパターンが多くない点に注意しましょう。

ビギニャー

へぇ~!Googleビジネスプロフィールって、店舗の情報を表示できるだけじゃなくて、いろいろな機能が利用できるんですね!


シニヤン

そうなんだよぉ。だから、Googleビジネスプロフィールを活用すると、たくさんのメリットが得られるんだ。もちろん、デメリットもあるんだけどね。

Googleビジネスプロフィールのメリット・デメリット

Googleビジネスプロフィールには、いろいろなメリットがあります。その反面、一部デメリットも存在しているため、注意しながら活用することが大切です。ここでは、押さえておきたいメリット・デメリットを詳しく説明します。

Googleビジネスプロフィールのメリット

Googleビジネスプロフィールを活用するメリットは、次のとおりです。

  • 無料で店舗集客ができる
  • 検索1位より上位に表示できる
  • Googleマップに掲載できる
  • 外国語に対応している

各項目を説明します。

無料で店舗集客ができる

このサービスの最大の魅力は、無料で集客に役立てられる点です。ビジネスに関する情報を無料で掲載できますし、内観や外観、商品の写真などを載せておけば、よりお店の魅力が伝わってお客さまの興味を引けます。また、最新キャンペーン情報の配信や自社サイトへの誘導も可能です。

検索1位より上位に表示できる

Googleビジネスプロフィールに登録した情報は、Google検索したときに検索第1位のサイトよりも上の位置や、目立つスペースに表示されます。

そのため非常に目に入りやすく、多くの人に自社の存在を知ってもらえるというメリットがあるのです。広告費をかけなくても目立つ場所に情報を掲載できるので、コストを抑えて認知度を高めたいときに便利です。

Googleマップに掲載できる

圧倒的なユーザー数を誇るGoogleマップに情報を掲載できる点も、大きなメリットです。検索ツールやナビとして使われることが多いGoogleマップに情報が掲載されていない場合、集客の面で不利になることが予想されます。

外国語に対応している

Googleビジネスプロフィールの情報は自動翻訳されるため、海外のユーザーにも訴求できます。外国企業との取引が多い企業や観光客を呼び込みたい店舗にとって、自動的に多言語対応になるサービスは非常に便利でしょう。

Googleビジネスプロフィールのデメリット

Googleビジネスプロフィールのデメリットは、次の2つです。

  • 情報を更新する必要がある
  • 悪い口コミもつく

どのようなことなのか、説明します。

情報を更新する必要がある

Googleビジネスプロフィールに登録する情報は、オーナー自身が反映する必要があります。「店舗を移転した」「営業時間を変更した」という場合、自動的に情報が更新されるわけではないので、管理の手間がかかる点は理解しておきましょう。

悪い口コミもつく

口コミが投稿可能になるということは、当然悪い口コミも投稿される可能性が出てきます。過去には、口コミ欄にイタズラ投稿が多発してしまい、集客に悪い影響が出てしまった事例もありました。口コミの削除申請は可能ですが、対応してもらえないケースも多いため注意が必要です。

シニヤン

少人数で営業している店舗や忙しい店舗の場合、情報を更新したりイタズラされていないかを確認したりするのは、少し手間かもしれないね。


ビギニャー

たしかに……。小規模な店舗の場合、インターネットに詳しい従業員がいないことも考えられますしね。


シニヤン

それに、Googleビジネスプロフィールの活用で成果を出すには、しっかりと運用のコツを押さえておくことが重要なんだ

Googleビジネスプロフィールで集客する使い方のコツ

Googleビジネスプロフィールで集客を成功させるには、以下のポイントを意識して情報発信することが大切です。

  • 正確かつ最新の情報を登録する
  • 「この場所に行ったことがありますか?」に回答する
  • 写真を投稿する
  • 口コミを増やして評価を上げる
  • 口コミに返信する
  • ユーザーからの質問に回答する
  • MEOの重要指標を理解しておく

ここでは、各ポイントの詳細をみていきましょう。

正確かつ最新の情報を登録する

Googleビジネスプロフィールには、常に正確かつ最新の情報を登録しましょう。住所や電話番号が間違っているとお客さまに迷惑をかけることになり、信頼度が大きくダウンします。

特に近年は、感染症などの影響で営業時間が変更になっている企業や店舗が多いので、しっかりと情報を反映することが大切です。

「この場所に行ったことがありますか?」に回答する

企業の情報の欄に「この場所に行ったことがありますか?」というリンクが表示されることがあります。このリンクからは、誰でも平均予算や駐車場の有無などについてのアンケート回答が可能です。

ここから店舗やサービスの情報を登録しておくと、Googleマップなどで上位表示されやすくなるといわれています。

また、お客さまにとって有益な情報を提供できるというメリットもあるので、可能であれば回答を済ませておきましょう。

写真を投稿する

Googleビジネスプロフィールには、積極的に画像を投稿しましょう。例えば、「画像が1枚もない飲食店」と「内観や料理の写真が豊富な飲食店」を比べたとき、「後者のほうが魅力的・安心して行ける」と考えるユーザーは多いでしょう。

わざわざ何十枚も投稿する必要はありませんが、お店や商品をイメージできる写真を何枚か用意しておくと好印象です。

口コミを増やして評価を上げる

口コミは集客に効果的なだけではなく、Googleマップなどの検索で上位表示を目指すときにも重要な要素なので、できるだけ多く集めることが大切です。

ただし、「口コミを投稿したら割引する」というキャンペーンは、Googleのポリシー違反となるケースがあります。協力をお願いする声かけ程度であれば問題ありませんので、工夫しながら口コミを増やしていきましょう。口コミが増えれば、優先的に店舗情報が表示されるようになる可能性があります。

口コミに返信する

店舗ページに口コミが投稿されたら、できるだけ返信しましょう。積極的に返信をしているお店には親近感が湧きますし、ファンの獲得につながる可能性もあります。

良い口コミはもちろんのこと、悪い口コミに対しても誠実に返信しましょう。ユーザーの声を反映してよりよい店舗経営につなげようとする姿勢は、好印象を与えます。

ただし、口コミへの返信が原因でトラブルに発展するケースもあります。返信の際は、内容の確認や丁寧な対応を徹底しましょう。

ユーザーからの質問に回答する

店舗情報には、「質問と回答」という欄があります。ここには、店舗に関する質問とそれに対する回答を自由に投稿できます。質問や回答は一般ユーザーであっても投稿可能ですが、もちろんオーナーが自ら投稿することも可能です。

ユーザーが疑問に感じそうなことがある場合や質問が登録されている場合は、積極的に投稿してみましょう。オーナーからの投稿は信頼性が高く、ユーザーの疑問解消に役立ちます。

MEOの重要指標を理解しておく

MEO(Map Engine Optimization:マップ検索エンジン最適化)とは、Googleマップで上位表示を目指すための施策全般を指します。

Googleマップを使ってお店探しをするユーザーが増えたため、実店舗集客において近年注目を集めている施策です。Googleビジネスプロフィールの活用も、MEO施策に含まれます。MEO施策で重要視されているのは、次の3つの指標です。

  • 店舗の距離
  • 店舗の知名度
  • キーワードの関連性

この3つのうち、知名度とキーワードとの関連性についてはある程度コントロールが可能です。知名度の高さは、サイテーション(SNSや他サイトで言及されること)に影響されると考えられています。

そのため、SNSやグルメサイトでの発信、口コミの獲得などに力を入れる施策が有効です。キーワードとの関連性は、検索キーワードと店舗情報の内容で判断されます。ユーザーが検索しそうなキーワードは、店舗プロフィールや「質問と回答」などにしっかりと盛り込みましょう。

ビギニャー

ふむふむ、とっても勉強になりました!実店舗から集客施策について相談されることも増えてきたので、そのときはGoogleビジネスプロフィールについて提案してみます!


シニヤン

ぜひぜひ。説明が役に立ったようでよかったよ。うちの会社の集客も強化したいから、一緒にプロフィールを充実させておこうか!


ビギニャー

は~い!頑張って更新して、部長をびっくりさせちゃおうっと!

CONTACT お問い合わせ

あらゆる分野のスペシャリストが、お客様と同じゴールを目指して
Web広告からCRM支援まで一気通貫で伴走します。

お問い合わせする

WRITING 執筆

LIFT編集部

LIFT編集部

LIFT編集部は、お客様との深いつながりを築くための実践的なカスタマーエンゲージメントのヒントをお届けしています。

RELATED 関連記事

トレンドの採用マーケティングで人材不足解消!新しい手法とファネル戦略の事例
#中級
マーケティング全般
ダイレクトマーケティングとは?成果につながる手法をわかりやすく解説、成功事例を紹介
#中級
マーケティング全般
猪俣部長が語るゴンドラの統合型支援とクリエイティブ制作の強み
#中級
マーケティング全般
クリエイティブ制作の流儀|ゴンドラに依頼するメリットは統合型支援
#中級
マーケティング全般
地方企業のマーケティング必勝法!地域密着型戦略の立て方と成功事例
#中級
マーケティング全般

FIND ARTICLE 記事を探す